生乾きの原因は体臭なのか

*

体臭チェッカー~気になるワキガ・加齢臭~

生乾きの原因は体臭なのか

att03

確かに洗濯したはずの衣類から、生乾きの臭いがずっと抜けないことがあります。夏の日盛りにばっちりと天日干ししても、どうにも臭いが気になる…。
そんな場合は服にしみついた体臭、より細かくいえば「菌」がわだかまって、悪さをしているのかもしれません。

体臭は洗濯前にきちんと落とす

汗でびっしょりになったシャツや、強い体臭がしみついた衣類は、洗濯機に放り込む前に一度手洗いした方がいいでしょう。
その上で、大体の菌が死んでしまう50°以上のお湯につけるのが理想的です。それから洗濯して干せば、臭いはほとんどなくなるはずです。

大切なのは、手洗いの後にはすぐに、洗濯機を回すこと。「他の洗濯物が溜まってからにすればいいや」などと考えていると、洗濯槽の中でどんどん菌が繁殖して、洗ってもまたひどい臭いが漂います。
うじゃうじゃと繁殖した菌は、どれだけ優秀な洗剤を使っても100%除菌できることはありません。
一度乾かして着ても、また汗や雨を吸うと菌があっと言う間に繁殖して、また強く臭い始めます。

生乾きの臭いが抜けないときには…

毎日太陽に当てて洗濯物を乾かすことができるわけでもありません。日本では3日に1度が雨と言われていますし、否応なく室内干ししなければならない日もあります。
湿っている時間が長くなると、臭いの元である中鎖アルデヒド、中鎖アルコール、脂肪酸などの物質が合成されて臭いが発生します。
生乾きを起こさないためには、室内干し専用の洗剤を使い、少しでも通気が良い場所で(あるいは扇風機などの風に当てて)乾かしましょう。

とはいっても、室内干しでは、日光に当たらないために、殺菌効果に期待できません。
服は一応乾いたけれど、なんとなく臭いがする…そんなときには、消毒用エタノールやアルコールをさっと吹きかけて、また乾かします。これで大半の菌は死んでしまいます。

また、洗剤も部屋干し用のものを使用することをおすすめします。
日本で有名なのはやはり部屋干しトップではないでしょうか?

賢い生乾き予防

通気性の良い洗濯カゴを使う

洗濯カゴが網目状になっているのは意味があります。菌の繁殖を避けるために、通気をよくしているわけです。
なるべく網目がたくさん付いた箱を、通気の良い場所に設置すると洗った後の臭いも変わります。

洗濯槽を除菌する

槽洗浄、していますか? ついつい忘れがちになりますが、洗濯槽にはものすごい数のカビや細菌が溜まっています。
気がついたときに専用の洗剤で洗い、普段の洗濯の後には蓋を開けるようにしておくと、ずいぶん臭いが変わります。

▼体臭ケアPR商品▼

バナー

生乾きの原因は体臭なのか 関連ページ

肥満の人は体臭がきつい?肥満と体臭の関係とは
身も蓋もない言い方をするようですが、「デブは臭い!」という認識が、なんとなく世間的に当たり前になっているように […]
糖尿病の人は体臭がきつくなりやすい?
体臭は何らかの生活習慣病のサインであることも珍しくありません。特によく知られているのが、糖尿病の患者によくある […]
体臭とは病気なのか
近年、あらゆる「体臭」は何かにつけて攻撃の的とされています。そのせいで、誰もが臭いに過敏になって、 「どんなに […]
ストレスによる体臭への影響とは
ストレスは目に見えないものですが、私たちの体臭にも大きく関わっています。どっと疲れてから帰ったとき、ふと自分の […]