気になる足の臭いと予防方法

*

体臭チェッカー~気になるワキガ・加齢臭~

気になる足の臭いと予防方法

att06

足は靴下、そして靴で覆われることから蒸れやすく、誰でも臭いやすい部位です。臭いからといって、「自分だけ…」と落ち込むこともありません。しかるべきケアを行えば臭いも軽減できます。特に足の臭いが強い人は、「食生活の問題」と「病気」を疑いましょう。

一般的な足の臭いの原因

汗と雑菌が作る臭い

足の裏には、汗腺がたくさん分布しています。あるデータによると、人間は足の裏から1日に約コップ1杯分の汗を出しているとか。ちなみ足の裏に多い汗腺は、ワキガなどの原因となるアポクリン腺ではなく、エクリン腺なので、汗自体は無臭です。しかし、それが乾かずに蒸れることで雑菌が繁殖して、酸っぱい臭いを放ってしまうわけです。

特にブーツは皮膚を覆う部分が多く密閉性も高いので、脱いだときには強い臭いが漂いがちです。ファッション性だけでなく、通気性も考えて靴を選び、臭いを予防しましょう。

靴にしみついた臭い

お気に入りの靴ほど、強い臭いがしみついているものです。上でも触れた、「コップ一杯分の汗」を乾かさずに放置しておくと、間違いなく靴はどんどん臭くなります。一見乾いているように見えても菌は大量に隠れていますし、また汗を得るとそれをエサに猛烈な勢いで繁殖して臭いを出します。

一日履いた靴は、なるべく通気の良い場所に置いて、しっかりと乾かしましょう。靴箱に消臭効果のある竹や墨の芳香剤を置いておくのも、1つの方法です。

足の臭いが強い女性の注意点

ここまでは、一般的なレベルの足臭の原因と対策についてお話しました。

「いや、私は普通の人よりもっと臭う」という人は、次の二点に気をつけてください。

食生活と足の臭い

足から発散される臭いも、その他の部位の臭いと共に、食生活と密接に関係しています。アルコールや脂っこい食事、ニラ・ニンニクなど臭いの強いものを好んで食べている人は体臭のみならず、足の臭いも強くなります。毎日の食事を、少し見直してみましょう。

病気と足の臭い

「あがり症」の人は、手足にたくさん汗をかくことがあります。心当たりがある方は、メンタルクリニックに相談しましょう。今は通販で、プロバンサインという、劇的効果のある汗止めの薬を手に入れることもできます。また、気を付けなければならないのは水虫です。水虫自体に臭いはありませんが、それが発生すること自体、人よりも足に汗をかきやすいという意味です。水虫はその他の部位に感染することもあるので注意しましょう。

▼体臭ケアPR商品▼

バナー

気になる足の臭いと予防方法 関連ページ

食生活を見直して体臭改善
体臭を少なくするためには、食生活の見直しも大事です。欧米の人の体臭がアジア人と比べて強いのも、肉類やファストフ […]
おしり・腰回りの体臭の改善方法
おしりは何気に、強い体臭が漂ってしまいがちな部位です。当然、便を出す場所ですからその臭いが残る場合もありますが […]