あなたは大丈夫?気になるなら体臭チェック

*

体臭チェッカー~気になるワキガ・加齢臭~

体臭チェッカー~気になるワキガ・加齢臭~

あなたは大丈夫?気になるなら体臭チェック

att_top

自分の体臭にはなかなか気がつきにくいものです。「まあ大丈夫だろう!」なんて思っていても、もしかすると周りの人には「臭い」と思われているかもしれません。
特に最近の日本では、強い体臭に対する嫌悪感が強まっているように思われます。
どなたも一度体臭をセルフチェックしてみて、もし臭いを感じたなら人に指摘される前に対策をしましょう。

気付きにくい自分の臭いを確かめる方法

シャワーを浴びてから服の臭いを嗅ぐ

まずは、シャワーを浴びて身体の臭いを落としましょう。自分が良い匂いになると、嗅覚もリフレッシュされ、敏感になります。
そのあとで着ていた服の臭いを嗅いでみてください。客観的に自分の体臭が把握できるはずです。
ショックを受けるかもしれませんが、それが周りの人が感じているあなたの体臭の真の姿です。
特に頭皮の皮脂が酸化することで臭う「加齢臭」が気になる場合は、毎日使っている枕を嗅いでみれば、よくわかります。

ビニール袋に下着を入れて臭う

一日着用した下着(シャツやパンツ、靴下)には、べったりと臭いがしみついています。
それをビニール袋に入れて、しばらく時間を置いてから勇気を持って嗅いでみましょう。
自分では気付かないくらい汗をかいていて、ものすごい悪臭がしているかもしれません。

気になるワキガのセルフチェック

体臭の中でももっとも強く、深刻な悩みにもなってしまいがちなのが、ワキガです。
アポクリン腺と呼ばれる、本来はフェロモンを出す汗腺から、苦い臭いが出てしまいます。

特に脇の下はよく汗が出て、臭いやすい部位なので、少しクサいと思っただけで「自分はワキガなのでは…?」と不安に思っている女性も多いことでしょう。
大体の場合勘違いであることが多いようですが、気になる人は次の方法でセルフチェックしてみてください。

耳垢を確認

耳垢が黄色くべたついていると、高い確率でワキガだと言われています。

シャツの黄ばみはないか

アポクリン腺から出る汗は黄色く、シャツに黄ばみを残します。
長い期間着ている下着の色をチェックしてみるといいでしょう。耳垢と共に黄色いならば、ほとんど「黒」です。

家族にワキガ体質の人がいないか

ワキガは優性遺伝。もし親族にワキガ体質の人がいれば、あなたも可能性が高いかも。

自分の体臭と向かい合うのは、なかなか怖いことだと思います。
しかし、どれくらい臭いが出ているかを客観的に知らなければ対策もできないので、これも仕方ありません。

わきがは治すことができる?

わきがはもっとも深刻な体臭の1つです。アポクリン腺という汗腺が問題となっているので、自分の意思や中途半端な対策で止めることができる臭いではありません。
ただしわきがは現在、ほとんど100%治ります。まだ「わきがで良かった」と思っていいでしょう。

充実する市販の対策グッズ

わきがはアポクリン腺という、もともとはフェロモンを出す汗腺から分泌される汗が、脇で細菌に反応することで発生する臭いです。
つまり細菌の量を減らすことができればある程度臭いは軽減できます。細菌の繁殖しやすい脇毛を剃るのも、対策の1つと言えます。

細菌との反応を抑える市販の対策グッズも充実しています。
その中でももっとも口コミでの評判が良いのは、デオナチュレでしょう。その他、エティアキシルなどもユーザーから驚きの声が続々と上がっています。
ひとまず試してみる価値はありますが、あくまで防臭グッズを使ったところで、「一時しのぎ」にしかならないことを忘れてはいけません。

美容外科の手術でわきがとさよなら

抜本的にわきがを解決したいならば、何らかの方法でアポクリン腺を死滅させるしかありません。
最近の美容外科では、わきが手術の方法も多様化してきました。ミラドライやビューホットといったマシンを使って、超音波・高周波でアポクリン腺を処理する方法も出てきています。
切らないオペなので、脇に傷痕が残ることもありません。

しかし人によっては、こうした機器を使っても、わきがの臭いが残ることもあります。
やはり100%の解決を望むならば、医師の目で確認しながら切除してもらうのが一番です。

また術後も再発の可能性もあります。
普段からしっかりケアしておくことが再発防止にもなるので意識しておきましょう。

手術を必要とする重度のワキガの人も、手術では100%改善されるとは限らないので、手術後もワキガ対策クリームを上手に利用しましょう。

参考サイト→お勧めのワキガ対策クリームと選び方

保険適応でも手術できるわきが

脇のしわに沿ってメスを入れ、その中に専用の鉗子を挿入し、皮膚の裏についたアポクリン腺をじょきじょきと切除していく。
これが従来からのわきが手術の方法で、「剪除法」と呼ばれているオペです。原始的なやり方にも思えますが、現在に至るまで、これがわきが手術に関しては間違いのない方法だと言われています。傷痕や黒ずみが残るという問題はありますが、それも専用のクリームなどである程度ケアはできます。

剪除法を行っている病院では、健康保険が適用され、5万円程度で手術できることもあります。
美容外科で行えば30万円は下らない手術なので、経済的な負担を心配されている方にも、これならハードルが低いですね。ただし剪除法はダウンタイム(通常の生活に戻れるまでの期間)も長いので、手術に踏み切るタイミングもよく考えなければなりません。